最高の生活を取り戻すために必要な対策方法

特集記事

精神科と心療内科の違い

聴診器を置く医師

心の調子が悪いような場合、心療内科や精神科に受診するということが必要です精神科と心療内科は、厳密にいうと心を診る所と身体に出ている症状を診る所というように分けることができます。

More...

病院の選び方と流れ

笑顔で話を聞く医師

心療内科を選ぶ場合には、ホームページで経歴を確認するということや、実際に受診した人の声を聞くという方法があります。その後、予約を取り初診を受けるという流れですが、事前に自分の症状についてまとめておくことが大切です。

More...

うつ病の治療法

一人佇む男性

心療内科で多くの人が抱えている病がうつ病です。うつ病は早めに治療を行わないと自殺まで考えてしまう非常に危険なものです。精神科や心療内科などでは様々な方法でうつ病の治療を行なっています。

More...

精神的な不調

笑顔の女性医師

生きていく上で、なんとなく気分が上がらないというような場合や、気持ちが落ち込んでいるという状況はよくあることです。しかし、この状況が2週間以上続いてしまうというような場合、精神的な病が潜んでいることがあります。また、原因不明の体調がずっと続いており、病院に行っても異常なしと判断されるような場合も、ストレスが原因になっているということがあります。このような症状がある場合、心療内科や精神科を受診することで症状が大きく改善することがあります。最近では、うつ病という言葉もよく知られるようになり、心の病気に対する理解も深くなってきています。心の病気を疑った場合、まずはインターネット等で軽く診断をするという方法があります。もし思い当たる症状が多いような場合、早めに病院を受診することが必要です。病院を受診する際には、心療内科と精神科の違いがわかにくくて悩むという人もいます。心療内科と精神科は現在あまり大きな違いはありません。しかし、心療内科の方が心身症と呼ばれる症状に対応しています。心身症は、内科的な検査では異常が見られないものの、ストレスなどで何かしらの症状が身体に出ているというものです。また、精神科では心に関する疾患を主に診察していきます。両方とも心の状態を見ていくことから、同じように診察していくことが多いので、どちらを選んでも適切な治療を受けることができます。

心療内科や精神科を選ぶ際には、いくつかの方法があります。まずはホームページを確認して、医師の経歴などを知るという方法です。実績の多い所を選ぶことで適切な治療を受けやすくなります。また、インターネットの口コミや知人や友人からの情報も非常に参考になります。病院を決めたら予約を取ることが必要です。病院によっては予約が取りにくい所もあるので、早めに予約を取ることが必要になります。予約を取ると、初診に向けてある程度自分の症状をまとめることが必要になります。その場で説明しようとすると、言い忘れてしまうことやなかなか言葉が出ないということもあり、事前に紙にまとめておくことで伝え忘れなどを防ぐことができます。また、付添人を付けて、その人に説明してもらうという方法も有効です。初診では、現在の心の状態や生活などを質問されることが多いです。場合によっては心理テストなどが行なわれることもあります。初診の治療で、ある程度病状をまとめてその後治療が行なわれます。現在、最も多く行なわれている治療法が投薬治療です。薬の量や種類などは、患者の症状の重さなどを見て医師が判断していきます。また、病院によっては他の治療法も平行して行なわれることが多いです。治療法として精神療法と呼ばれるものが用いられることが多く、その中でも認知療法という治療法がよく行なわれています。カウンセラーなどが行なう治療法の1つで、物事の捉え方や考え方を変えることで、マイナス思考に陥りがちな思考パターンを変更していきます。また、他にも頭部に磁気や電気を与えて治療を行なうという治療が行なわれており、現在では非常に副作用も少なく、痛みも感じないように工夫されています。病院によって、行なわれている精神療法などはそれぞれ異なってきます。様々な治療法や口コミ等を参考にしながら、病院を選び、早めに治療を受けることで日常生活を取り戻すことができます。