精神科と心療内科の違い

聴診器を置く医師

近年、うつ病の増加に伴い、心の病気に関する理解も深まってきました。長期間異変を抱えているような場合、周囲の方から専門機関に行くように促す環境が徐々に出来上がってきています。気持ちが落ち込んでいてずっと不安定な場合や、気持ちの落ち込みが普段の生活にも影響してきているような場合、専門機関で治療を行なうことが必要になります。しかし、病院を選ぶことを考えた際に、精神科や心療内科という呼び名があることから、どこを選べばいいのかわからないという人も多いことでしょう。精神科や心療内科は、厳密に言うと扱うものに多少違いがあります。精神科の場合は、主に心の病気を中心に取り組んでいます。うつ病や不眠、統合失調症というような精神疾患を主に治療するところです。しかし、精神科というともっと重度な精神疾患を思い浮かべる人も多く、敷居が高いと感じる人も多いことから、精神科ではなくあえて心療内科という名称を使っている所もあります。また、心療内科は主に心身症と呼ばれる症状を扱っていきます。心身症は体調不良の原因がはっきりせず、精神的な不調から身体の不調につながっていると考えられるものです。ストレスで喘息や高血圧になることや、下痢、便秘というような症状がでているような場合は心身症に該当します。目に見えるような症状が出ており、その症状の原因がストレスというような場合は、心療内科の領域になります。ストレスが原因で身体の様々な器官に異常が現れた場合、心療内科では心の治療だけではなく、内科的な治療も同時に行なっていきます。

精神科と心療内科は両方共心の問題になっているということがあります。心療内科や精神科では、同じような症例を見ることも多く、共通している所が多数あります。そのため、精神科と心療内科のどこを受診しても、基本的な方針が同じということも多いです。精神科や心療内科を扱っている病院では、心の問題に関して様々なことに取り組んでいます。心と身体はとても密接に関わってくることから、精神的な疾患を抱える人は、現在身体の方に不調がなくても、後から何らかの身体症状が出てくることも多いです。人によっては精神的なストレスをそこまで感じていないと思っていても、身体の方が先に反応して、何らかの不調を表すこともあります。身体に何かの症状が出ているのにも関わらず、内科で問題ないと判断されるような場合、心療内科の領域に関わるということもあり、心療内科でケアを行なうことで症状が改善されるということも珍しくありません。精神科と心療内科で悩むような場合、両方併設されている病院に行くという方法があります。両方併設されている所の場合、内科的な両方や精神的な療法を一緒に行なってくれるので、安心して治療を受けることができます。現在、心療内科を掲げている病院のほとんどが精神科も標榜していることが多く、適切な治療を受けられるようになっています。