うつ病の治療法

一人佇む男性

心療内科を受診する人で多い精神疾患が、うつ病です。うつ病は脳の機能が大きく関係しています。脳が機能低下することにより、感情が落ち込み日常生活にも影響が出てきます。何をしても気分が明るくならず、集中力が低下し、悲観的になるということで睡眠が取れないことや食欲の増減等の変化が現れることがあります。何か落ち込むことが合った際に、一時的にこのような症状が現れることがありますが、うつ病の場合は2週間以上この症状が続いていきます。早めに対処しないと、自殺への思いが芽生えてくることもあるので、早めに心療内科や精神科に行くことが必要になります。診療内科での治療法の一つとして、長期の休養を取るということがあります。しっかりと休養することにより、生活リズムを元に戻し、うつ病の症状を軽減させていきます。また、休養を取る場合、休養明けに症状が元に戻ってしまうということもあるので、休んでいる間に投薬治療やカウンセリング治療なども平行して行なわれます。投薬はうつ病治療のメインとなる治療法です。ほぼ全ての心療内科と精神科で行われる治療法で、症状にあった投薬を行なうことで精神的な負担を軽くしていくことができます。会社を休むというような休養を取らない場合も、投薬治療が行なわれることもあります。投薬治療や休養に関しては、医師が指示を行ないます。どのくらいの期間休むのか、投薬はどのようなものが行なわれるのか等は医師の指示によって異なってきます。

精神科や心療内科によっては、様々な精神療法を行なっている所もあります。現在最も多く行われているものが、認知行動療法と呼ばれるもので、自分の考え方や意識を変えていくことで病気の改善だけでなく、病気になりにくい考え方にしていくことができます。なお、一部の精神科や心療内科で行われている治療法に電気けいれん療法と呼ばれるものや、経頭蓋磁気刺激治療法と呼ばれるものがあります。修正電気けいれん療法は、前頭葉に電気を照射して改善するという方法で、入院して全身麻酔をかけた上で治療が行われます。安全性を考慮したものになっており、痛みなどの苦痛がない状態で受けることが可能です。経頭蓋磁気刺激治療法は、磁気を当てていくもので不安や焦燥感を改善するというもので、副作用も軽度の痛みや不快感のみと非常に少ないことから、現在注目されている治療法です。精神科や心療内科によって取り入れている治療方法や治療方針は異なります。精神科や心療内科のホームページ等で行なわれている治療法を知るということはとても大切なことです。全ての病院で行われているわけではない治療法もあるので、現在治療法としてどのような方法があるのか、そしてどの病院がその治療法を取り入れているのか等を知ることで、自分の効果のある治療を受けることができます。精神科や心療内科では、うつ病以外の精神疾患についても対応を行なっています。何か心の状態がおかしいと感じるような場合や、周囲の人から指摘を受けた場合は、早めに治療を行なうことが大切です。精神的な問題は、日常生活に大きな影響を与えてしまい、自分や周囲の人を傷つけてしまうこともあります。早く元の日常生活に戻るためには、病院で適切な治療を受けるということがとても大切です。現在、多くの人が薬の服用や精神療法などを行いながら日常生活を送っています。早めに治療を行なうことで以前と変わらない元気な日常生活を送ることが可能になります。